シュピール’23:3日目にプレイした新作/エッセンのボードゲームショップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

土曜日は会場の混雑を避けてホテルのロビーに集まってボードゲームを遊んだ。ホテルのロビーはこの時期、多くのボードゲーマーが夜遅くまで買ったばかりのボードゲームを楽しんでいる姿が見られるが、昼間に会場を歩き回った上に夜も遊ぶのは、時差ボケも手伝って体力的にきつい(ドイツでの午後8時は、日本時間で午前3時にあたる)。

その点、昼間に会場に行くのをパスしてホテルで遊ぶと、移動・卓待ち時間もなく、ほとんど人もいないので集中できる。ドイツでそんなことをしているのは勿体ないという人もいるかもしれないが、だらだらおしゃべりしながら、英文ルールを読んで、あーでもないこーでもない言いながらのんびり遊べる楽しさは、ドイツにいるからこそ非日常感がある。

5つの塔(5 Towers / K.ラップ / ディーププリントゲームズ)
場にカードを5枚並べて、その中から何枚取るか1周競りを行い、一番多い枚数をビッドした人が引き取る。引き取ったカードは全部自分の前に置かなければならない。5色の塔は『ケルト』方式で降順に置くルール。山札がなくなったら塔の大きさで得点を競う。

カードの出方は運だが、どこまで大きい数字のカードを待ち、どこから小さい数字にしていくかの駆け引きがあり、早く建てすぎても、遅く建てすぎてもいけない。他の人に取られないように1枚多くビッドすることもあり、その余計な1枚をどう処分するかも悩ましい。

5towers
5つの塔

ザ・グレード(The Glade / R.ブリーズ / R&Dゲームズ)
8枚のタイルからセットを作ってマイボードに配置。タイルには動物・葉・実がそれぞれ4種類異なる組み合わせで描かれており、「1つ以上共通し、あとは全部異なる」ものがセットになる。3枚セットができると、4枚セットができるのに必要な残り1枚が手配中となり、そのタイルを中央の表にキノコを置いてマークする。マークしたタイルがあったら(引いたら)、出してキノコをもらえる。マイボードではクロスワードのようにタイルのセットを並べていき、囲みを作ってそこにもらったキノコを置くと得点アップ。

どのタイルがセットになるかわかりにくくて手こずるが、慣れてくると戦略的な配置ができるようになる。

theglade
ザ・グレード

スコア5(Score 5 / ? / ブルーオレンジゲームズ)
場のカードに対し、手札から何枚でも出して一斉公開競りで獲得。2位以下の人は競り落とした人が出したカードをもらえる。場のカードはどんどんインフレするが、最終的に1色につき1枚しか得点できないため、欲しい色のカードがプレイヤーによって異なってくる。

1位は手札を失うので、2位をうまく取って手札を温存しつつ、ここぞというところで競り落とせるかがカギ。

score5
スコア5

告発!(Accuse! / R.タータ / ラ・マムゲームズ)
犯人・凶器・犯行現場のカードから1枚ずつ抜かれているものを当てる推理ゲーム。他のカードは全員に配られ(余りは場にオープン)、1枚ずつ対応する場所にプレイして消去法で絞り込んでいくが、『クー』のように全部裏にして出していくところがポイントで、嘘をついてもよい(バレると1枚渡さなければならない)。特定できたと思ったら宣言。外れると他のプレイヤーは「何枚オープンしたら当てられるか」をビッドして少ない順に当てに行く。

手札の中には「トラップ」が1枚ずつあり、誰が嘘をついていないか見破るのはほぼ不可能だが、前の人の宣言と、その前までに置いたカードがヒントになる。

accuse
告発

エッセンにしばらく来ないうちにボードゲーム専門店ができていたというので見に行ってみた。

ブレットシュピールラガー(ボードゲーム倉庫)は、同じゲームを山積みにして安売りしているという今までに見たことがないタイプのボードゲームショップ。今年8月にオープンしたばかりである。「2個買ったら1個無料」など、まとめ買いの業者向け量販店という感じで、種類は少なめで定番が置いてあるというわけでもない。見たことがないゲーム、話題にならずに売れ残ったゲームを再発見しようという方向き。

場所は地下鉄・トラムの集まる「ベルリナー・プラッツ」駅(中央駅から地下鉄2駅)を降りて、巨大ショッピングモール「カールシュタット」を抜けて旧市街に入ったところにある。

https://brettspiel-lager.de/

SONY DSC
ブレットシュピールラガー
brettspiellager2
ブレットシュピールラガー店内

ホワイトラビットはTCG・ミニチュアゲーム・TRPGも扱うボードゲームショップで2019年オープン。品揃えはよく、今秋の新作(会場でも買えるけれども)から、ラセルダの大箱まで幅広く揃えている。プレイスペースがあり、平日夜にはボードゲームイベントもあり。

場所はこちらも「ベルリナープラッツ」駅から北に徒歩7分、イケアの駐車場入口の先にある。
https://www.whiterabbit-cgs.de/

SONY DSC
ホワイトラビット
whiterabbit2
ホワイトラビット店内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。