捜査官で証拠をオークション『ホットリード』日本語版、11月17日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Hotleadj サニーバードは11月17日、『ホットリード(Hot Lead)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:R.クニツィア、イラスト:P.K.ハルシオン、2~5人用、8歳以上、15分、2860円(税込)。先行販売は下記サイトには10月29日まで。

バイトウィングゲームズ(アメリカ)から2022年に発売されたクニツィアのオークション&セットコレクションゲーム。5つの犯罪組織に捜査官を送り込んでほどよく証拠を集める。

山札の横にカードが並べられ、各プレイヤーは手札の捜査官カードを1枚ずつ裏にして出し、一斉公開。数字の大きい順に山札に近いカードを取る。これを10回行って得点計算。

得点計算ではカードの得点の他に、同色3枚/5色コンプリートのボーナス点がつくが、その前に同色4枚取ってしまうと捜査のしすぎで犯罪組織に逃げられたことになり、それらのカードを全部失ってしまう。終盤、ちょうど3枚ができるかどうかの駆け引きがある。

上級ルールではジョーカーの黒カードやマイナスになる白カード、先に2枚取るともらえるバッジを加えてプレイすることもできる。

サニーバード:ホットリード日本語版

Hotleadj2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。