ドロボウネズミを探せ『チーズは誰が食べた?』日本語版、10月27日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Cheesethiefj ピチカートデザインは10月27日、JELLY JELLY GAMESのレーベルで『チーズは誰が食べた?(Cheese Thief)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:D.リー、イラスト:別府さい、4~8人用、8歳以上、10~15分、3850円(税込)。

チーズドロボーを探し出す脱落なしの人狼系正体隠匿ゲーム。各プレイヤーがダイスの目によって決められた時刻にだけ目を覚ます中、チーズドロボーはチーズを盗んでしまう。夜が明けたらみんなで話し合い、誰かチーズドロボーなのか犯人を探し当てる。オリジナルはジョリーシンカーズ(香港)から2020年に発売された作品。このたびの日本語版にあたり、人気イラストレーターの別府さい氏のイラストになった。

プレイヤーは「チーズドロボー」か「ねぼすけ」の役を与えられ、誰がどの役かは秘密になっている。全員が目を閉じている間に、各プレイヤーはダイスの出目に応じた時間にだけ目を覚ましアクションを行う。チーズドロボーはチーズを盗み、ねぼすけは状況を確認することができる。夜が明けたら全員で話し合い、チーズを誰が盗んだか投票。チーズドロボーはねぼすけに、ねぼすけはチーズドロボーに投票を集めることができれば勝利。

5人以上でプレイする場合、チーズドロボーとねぼすけが同じタイミングで目を覚ましたり、チーズドロボーに手を触れられるとチーズドロボーの仲間になるルールがあり、さまざまな可能性が楽しめる。実際に目の前のチーズが消える臨場感が楽しく、理詰めだけではない犯人探しの会話も盛り上がる。

内容物:チーズドロボーカード1枚、ねぼすけカード7枚、おちょうしものカード1枚、ダイス8個、チーズトークン1個、ダイスカップ8個

JELLY JELLY GAMES:チーズは誰が食べた?

Cheesethiefj2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。