三重ロンデルで宮殿建築『サビカ』日本語版、8月10日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

sabikaJアークライトゲームズは8月10日、『サビカ(Sabika)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:G.P.ミラン、イラスト:L.ベフォン、1~4人用、14歳以上、60~120分、9680円(税込)。

オリジナルはルドノヴァ社(スペイン)から2022年に発売された作品。デザイナーのミランには『美徳』などの作品がある。イベリア半島最後のイスラム王朝であるナスル朝(13~15世紀)に、貴族としてアルハンブラ宮殿を建築する。

メカニクスは相互に関連する三重構造のロンデルで、3種類のワーカーを移動して宮殿の増築、諸外国との貿易、詩の彫刻を行い、名誉点を競う。手番には自分のワーカーをロンデル上で移動させ、移動先のアクションを行う。遠くまで移動したり、移動先に他のワーカーがいるとお金がかかる。アクションを終えたワーカーは横になり、次のラウンドまで使えない。

それぞれのアクションではお金、資源、商品が必要になり、綿密なマネージメントも求められる。全員のワーカーが横になったらラウンド終了し、収入や貢物などの処理を行ってからワーカーを復活させて次のラウンドへ。5ラウンドでゲーム終了となる。

ロンデルを変更し、イベントを加える上級ルール、オートマと対戦する1人用ルールも収録。遊びごたえのあるゲーマーズゲームだ。

内容物:ゲーム盤 1枚、個人作業ボード 4枚、倉庫タイル 24枚、開始時タイル 10枚、初期倉庫タイル 16枚、封印トークン 9個、主要建造物タイル 21枚、スルタンの望みタイル 9枚、商材袋 1枚、ルール説明書 1冊、リファレンスシート 1枚、ワーカーコマ 16個、スルタンのワーカーコマ 8個、船コマ 36個、名誉点マーカー 4個、パリアマーカー 4個、恩恵マーカー 4個、資材トークン 105個、ラウンドマーカー 1個、カード 90枚、都市タイル 12枚、閉鎖タイル 3枚、親マーカー 1個、商材トークン 24個、ディナール金貨 43枚、イベントタイル 14枚、ユースフのワーカータイル 4枚、ユースフのアクションボード 1枚、ユースフのワーカーカード 26枚(カードサイズ68mm×49mm)

sabikaJ2
(写真は英語版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。