宮殿の庭園タイル配置ゲーム『サンスーシ』日本語版、7月20日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SanssouciJ アークライトゲームズは7月20日、『サンスーシ(Sanssouci)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:M.キースリング、イラスト:S.チャベス&A.ロチャ、2~4人用、8歳以上、40分、6380円(税込)。

『アズール』のキースリングがデザインし、2013年にラベンスバーガー(ドイツ)から発売された作品をリメイク。2種類の拡張ルールを加え、アートワークを一新して、フラクタル・フエゴス社(スペイン)から昨年発売されたものが日本語版になった。ラベンスバーガー版では2014年のドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされている。ドイツ・ポツダムのサンスーシ宮殿の庭園をデザインするタイル配置ゲーム。

プレイヤーは王から改修の命を受けた造園家となって、プレイヤーボードにバラ園、ブドウ園のテラス、迷路、噴水などを配置する。王様を満足させるだけでなく、庭園を歩く貴族たちも楽しめる庭を造らなければならない。

手番には2枚の手札から1枚をプレイし、その色やシンボルのタイルを場から取って自分のプレイヤーボードに並べる。庭ボードも色やシンボルで分けられており、合うように置かなければならない。その後貴族コマを移動して、移動先の左右にあるタイルで得点が入る。貴族はタイルの道がつながっているところしか通れず、遠くほど行くのが難しくなる。

ゲーム終了時に縦横にタイルが揃っている列が得点になり、最終得点を競う。「報酬サブボード」「イノシシトークン」で要素を加えてプレイすることもできる。

内容物:メインボード 1枚、庭園ボード(両面仕様)4枚、庭園タイル(裏面は庭師の絵)81枚、布袋 1個、報酬サブボード(両面仕様)4枚、目標カード 9枚、アクションカード 72枚、得点マーカー 4個、貴族コマ 36個、50/100点トークン 4個、イノシシトークン 4個、ルール説明書 1冊(カードサイズ:68mm×44mm)

SanssouciJ2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。