森林再生のワーカープレイスメント『アティワ』日本語版、2月上旬発売

ホビージャパンは2月上旬、『アティワ(Atiwa)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:U.ローゼンベルク、イラスト:A.エルカートン、1~4人用、12歳以上、プレイ人数×30分、8800円(税込)。

ローゼンベルクが『ハラータウ』(2020年)以来2年ぶりにルックアウト社から発表した重量級ワーカープレイスメントゲーム。アフリカのガーナにあるアティワ山脈を舞台に、フルーツコウモリとフルーツで森林再生と環境保全に取り組む。

手番には3人のワーカーをアクションスペースに配置して、さまざまなパターンの地形カードを獲得し、そこに樹木、野生動物、ヤギ、フルーツコウモリを配置していく。樹木にはフルーツがなり、フルーツコウモリを使って樹木に育てる。お金と樹木で住まいを獲得し、家族を増やす。

家族は収入と勝利点をもたらすが、住まいを作るには樹木を伐採しなければならず、増えるほどたくさんの食料が必要となるため、リソースをいかに節約できるかが勝負となる。また、鉱山採掘で土壌を汚染しないように訓練しなければならない。

「金がない」「家がない」「ヤギがいなくてコウモリを食うしかない」と、いつも何か足りなくて苦しいが、うまく成長できたときの喜びが味わえる作品。サマリーカードに加え、リソースをカード上に配置するほどメリットが開放されるリソースボードで、遊びやすい工夫が施されている。

内容物:アクションボード 1枚、拡張ボード 2枚、サプライボード 4枚、厚紙製マーカー 190枚以上、正方形カード88枚、木製コマ 200個、得点計算用紙 1冊、布袋 1枚、ルールブック 1冊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です