動物を研究して百科事典を編纂『エンサイクロペディア』日本語版、12月上旬発売

ホビージャパンは12月上旬、『エンサイクロペディア(Encyclopedia)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:E.デュビュス&O.メリソン、イラスト:J.ドロン&J.プルニュー&R.トゥルア、1~4人用、14歳以上、プレイ人数×25分、8800円(税込)。

ホーリーグレイルゲームズ(フランス)から今秋発売された作品。同社の『ミュージアム』(2019年)と同じデザイナーコンビの作品で、18世紀のフランスを舞台に、世界各地の動物の研究をすすめ、百科事典編纂の貢献度を競うダイスプレイスメントゲーム。

1739年、ビュフォン伯ジョルジュ=ルイ・ルクレール(1707-1788)は、国王の“博物学の部屋”の管理官に任命されて百科事典『博物誌』を書き始めた。プレイヤーは当代最高の博物学者にして冒険家となり、世界各地でさまざまな動物の研究を行い、学会に発表して百科事典の編纂を手伝う。

毎ラウンド最初に各自ダイスを袋から引いて振り、これを順番にアクションスペースに配置して、大使館で遠征の準備をしたり、銀行で資金調達をしたり、大学で研究員を雇ったりと、さまざまなアクションを行う。準備が整ったら、研究したい動物カードを選び、遠征隊を編成して動物たちの生態を観察し、研究が完了したら、その成果を公表することで勝利点が入る。規定ラウンドでゲーム終了となり、プレイ中に集めた動物や研究のコレクションに応じた勝利点を加点して勝敗を決める。

トークンを使ってダイスの色や出目を変えるだけでなく、他のプレイヤーのダイスも使用できるところが特徴で、使用してもらったプレイヤーにはボーナスが入るため、Win-Winの関係でプレイできる。写実的なイラストの動物カードを集めていくうちに、百科事典を編纂している気分になれるだろう。

内容物:中央ボード 1枚、動物カード 75枚、専門家カード 55枚、ラウンドトークン 12枚、ダイス 20個、布袋 1つ、名声点トークン 4枚、勝利点トークン 8枚、木製調査駒 120個、“5駒”トークン 28枚、スタートプレイヤートークン 1枚、トークンボックス 3箱、コイントークン 69枚、王家の封印トークン 47枚、遠征トークン 54枚、人物拡張部 4枚、プレイヤーボード 4枚、ゲームエイド拡張部 4枚、大陸カード 15枚、挙動カード 3枚、得点計算カード 3枚、ルールブック 1冊 他


(写真は英語版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です