『エルドラドを探して:ムイスカと危難』日本語版、11月17日発売

アークライトゲームズは11月17日、『エルドラドを探して 新版 拡張 ムイスカと危難(The Quest for El Dorado: Dangers & Muisca)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:R.クニツィア、イラスト:V.デュトレ、2~4人用、10歳以上、45~60分、3520円(税込)。プレイするためには『エルドラドを探して(新版)』基本ゲームが必要。

デッキを構築しながら南米で黄金郷エルドラドを目指す人気レースゲームの拡張セット。フォーヴィンケルのイラストによるラベンスバーガー版がオリジナルだった『英雄と呪い』とは異なり、今回は初版からデュトレのイラストで、オランダや北欧版と同時発売となる。2つのモジュールが入っており、自由に組み合わせてプレイできる。

「モジュール1:危難地形」では激しい水流に、危険な山道、ワニが群れなす沼地が行く手を遮り、4種類の遺物を集めなければゴールすることができなくなる。「モジュール2:ムイスカ族」では、探検の手助けをしてくれるムイスカ族の力で、カード効果を「予約」することができ、好きなタイミングで使うことができ、「洞窟」によって効果を複数回使えるようになる。

内容物:ルール説明書 1冊、小地形タイル(危難 1枚、沼地 2枚、沼地 1枚、山脈 2枚、川 3枚、湖 3枚、渦潮 1枚)、神殿タイル 4枚、遺物トークン 16個、ムイスカ族カード 8枚、洞窟トークン 6個(※カードサイズ:56mm×87mm)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です