ルールカードで千変万化『トリックマイスター』日本語版、10月21日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サニーバードは10月21日、『トリックマイスター(Stich-Meister)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:F.フリーゼ、イラスト:L.A.「マウラ」カルスキー、3~5人用、10歳以上、45分、2640円(税込)。先行販売は9月30日まで下記サイトにて。

2Fシュピーレ(ドイツ)を主宰するフリーゼが2010年、アミーゴ社(ドイツ)から発表し、翌年のアラカルトカードゲーム賞で『世界の七不思議』に次いで2位になった作品。輸入版がメビウスゲームズから国内流通したが、その後絶版となり、幻の作品となっていた。ドイツ語版以外での発売は今回が初めてとなる。気まぐれな師匠が決めてくる禅問答にうまく答えるという和テーマのトリックテイキングゲーム。

15枚×4スートのプレイカードと別に、ルールカードがあり、手札を見て各自が3枚の中から1枚ずつルールカードを出す。プレイ人数分(3人の場合はランダムに+1枚)出されたルールカードがすべて有効となり、そのルールに沿ってトリックテイキングを行い、得点を競う。

ルールカードは「2番目に強いカードが勝つ」「最後の3枚はプレイしない」「はじめに3枚をとなりの人に渡す」「プラス点はマイナス点、マイナス点はプラス点に変更」「得点が最下位の人は2倍」など激しいものばかりで、これが組み合わせられることによって大混乱。毎回ハチャメチャな展開が楽しめる。

サニーバード:トリックマイスター日本語版(先行販売)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。