移動式ボードゲームカフェ、10月からスタート 寄贈資金CFも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知県在住のボードゲーム愛好家、稲垣享一郎氏は10月より、アメリカのスクールバスを改造した移動式ボードゲームカフェ「チャーリーズボドゲカフェ」で全国を巡回する。現在、公式スポンサーと、巡回先で子ども向けサードプレイス(フリースクール、児童養護施設、子ども食堂など)にボードゲームを寄贈するための支援をクラウドファンディングで募集中。

1500個以上のボードゲームを所有する稲垣氏が、教員として子どもたちに関わってきた中で、週末にどこにも遊びに行けない子どもたちを目にして「エンタメの格差」を感じたのがプロジェクトのきっかけ。ボードゲームをいっぱい詰め込んだバスがやってくるという非日常感を、子どもたちに味わってもらいたいと全国巡回する。ドイツではコスモス社が2002年にカタンバスで全国PRキャンペーンを行うなどいくつかの事例があるが、日本では初。

一過性のものにならないよう、ボードゲームをサードプレイスに寄贈し、不登校などの子どもに対し、ボードゲームを通して地域やボランティアの人が関わるきっかけ作りにしてもらうことを目指す。小学生が多いところにはキッズゲーム、 中学生・高校生が多いのであれば中量級やコミュニケーション系などを選び、いずれにしてもルール説明が3分以内で終わるようなものにするという。ボードゲーム専門店がスポンサーにつき、ボードゲーム選定もバックアップする。

移動式ボードゲームカフェ自体は大人でも利用可能で、年内から年明けにかけて関西から沖縄まで、来春から夏に東北から北海道を巡回する。現在行われているクラウドファンディングは寄贈するボードゲームの資金で、さまざまなリターンを用意して3000円から受け付けている。

for GOOD:日本全国47都道府県のこどもの居場所にボードゲームを配りたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。