妖怪ダイスプレイスメントゲーム『美徳』日本語版、9月2日発売

ケンビルは9月2日、『美徳(Bitoku)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:G.P.ミラン、イラスト:E.ヴァルス、1~4人用、14歳以上、120分、10780円(税込)。現在、先行発売予約受付中。

スペイン人デザイナーの作品で、オリジナルはデヴィル社(スペイン)から2021年に発売された。ゴールデンギーク賞で2部門(ヘヴィー部門、アートワーク部門)にノミネートされている。美徳の精霊となり、森を守る大精霊の後継者となることを目指すダイスプレイスメント&デッキビルドゲーム。日本語を使ったタイトルの通り、日本の神々や妖怪が登場する。

手番には自分のデッキから引いた妖怪カードをプレイしてアクションを行うか、ダイスをボード上に置いて出目に対応するアクションを行うか、ボード上のダイスを川の向こう岸に渡らせてさらにアクションを行う。新しい妖怪を手に入れることでデッキを強化しつつ、資源やタイルを集め、さまざまなパターンで美徳点を集める。

ラウンド終了時にカードやダイスを戻して次のラウンドへ。4ラウンドで美得点を競う。

河童や山姥など、和洋ハイブリッドなアートワークで描かれる妖怪たちにも注目。天狗と対戦するソロプレイルールもある。

ケンビル:美徳 日本語版


(写真は英語版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。