異世界アキンド(Different World Merchants)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高くないように見せかけて

武具、魔法薬、食材、宝石という4つの品物の隠された価値を、他のプレイヤーの行動をもとに推理しながら集めるワンラウンドワーカープレイスメントゲーム。ゲームマーケット2022春で遊飲チャンネルから発表された。

最初に1~10の価値カードがランダムに配られ、その中から1枚を自分が担当する品物に裏向きで置いてスタート。4種類のうち1種類だけは、自分だけ価値を知っている。順番にどれでも5つの品物を仕入れた状態でスタート。

手番にはワーカープレイスメントでアクションを行う。自分が見ていない品物の価値カードを確認する「女神像」「酒場」や2種類の品物間で価値カードを交換する「掲示板」、いずれかの品物に残りカードから1枚を追加する「質屋」などがある。アクションを行ってから、他のプレイヤーと品物を1つ交換し、1ラウンド(プレイヤー人数によって3~4手番ずつ)が終わったら、価値カードを公開して手持ちの品物を換金し、合計金額の最も多いプレイヤーが勝利。

手番数が少ない上に、価値を確認するアクションはすぐなくなるので、全部の価値を確かめることはできない。あとは他のプレイヤーが何を集めているかがヒントになる。そのため価値が高いとわかっていても、あからさまに集めると他の人も追随するだけでなく、価値を下げに来られるので控えめにしなければならない。最後どうなるか、蓋を開けてみてのお楽しみ。

1日目だけではあっけないという方に、この売上で再び仕入れて2日目(2ラウンド目)を行う追加ルールがある。売上が少なかった人も借金をして同じ数を仕入れることができ、借金は最後に返さなければならないが、1日目よりも流通量が増えてダイナミックな展開になる。

異世界アキンド
ゲームデザイン:フェイ/イラスト:Namiki
遊飲チャンネル&Wablues(2022年)
2~4人用/10歳以上/30~40分
通販:Wablues

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。