ロール&ロールステーション秋葉原店、5月29日閉店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋葉原のTRPG・ボードゲームショップ「ロール&ロールステーション秋葉原店」が5月29日に閉店する。17年にわたる営業を終えることから愛好者から惜しむ声が寄せられている。

TRPG専門誌『ロール&ロール』のアンテナショップとして2005年11月にオープン。東日本大震災直後の2011年4月に中央通り沿いへ、さらに2020年11月に現在地に移転した。JR秋葉原駅から近くなり、ボードゲームブームの影響もあって若年層や家族連れの方が増えた一方、「店舗全体が見渡せるようになって『宝探し』感がなくなった」という声が寄せられるなど、かえって足が遠のいた愛好者もいたようだ。

そこにコロナ禍の影響で来客数が激減。購入する場所や遊ぶ場所がリアル・ネット共に増えたこともあり、ユーザー構成と購買行動の変化を見て閉店を決断したという。

最近はシンプルで気軽に短時間でも楽しめる定番ゲームの需要が高まっており、各種メディアやSNSで紹介されたゲームの問い合わせが公開翌日に殺到するようになってきている。そのようなゲームは品切れが続く一方、新作タイトル数の急増もあって売れ行きに大きな差が出てしまい、取り扱いが難しくなっていることを物語る。

今月9日から閉店セールを実施中。閉店後もpaypayモール「ホビステオンラインストア ボドゲ部」の営業は継続する。

ロール&ロールステーション 秋葉原店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。