ボードゲームホテル「MIMARU大阪 難波STATION」6月2日オープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪・難波に6月2日、ボードゲームや遊びを中心とするエンタメホテル『MIMARU大阪 難波STATION』(運営:株式会社コスモスイニシア&株式会社コスモスホテルマネジメント、企画・コンテンツ制作:株式会社ブルーパドル&ベースドラム株式会社)が開業する。南海電鉄難波駅徒歩4分、無休、特別キャンペーンとして9月まで1泊1室(4人まで)税込13000円から。

東京・大阪・京都に展開するアパートメントホテルチェーンの新店舗。JELLY JELLY CAFEの白坂翔氏、TANSANの朝戸一聖氏、Anaguma Gamesの秋山乃佑氏、イラストレーターのママダユースケ氏など、ボードゲーム界のエキスパートたちがプロデュースに加わり、遊び心いっぱいの「一晩中みんなで遊べるホテル」となった。

客室は定員4~6名の全91室で全室キッチン・ダイニング付き。ベッドルームを天国部屋・密談部屋にできる「人狼・マーダーミステリーの部屋」(写真左上)、キッズゲームだけでなくプラレールや積み木も用意した「こども向けボードゲームの部屋」(右上)、屋外で焼肉もできる「スカイテラスとボードゲームの部屋」(左下)、人気ボードゲームが遊べる「夜通しボードゲームの部屋」などさまざまなテーマの部屋があるほか、2階ロビーの「遊べる縁側」(右下)にはおすすめゲームを教えてくれるコンシェルジュがおり、共用スペースでボードゲームを遊んだり、ゲームイベント(企画予定)に参加することもできる。客室でも遊べる館内ボードゲームは130種類。

さらに宿泊者限定のオリジナルゲーム「HOTEL GAMES」を8タイトル用意。宿泊メンバー全員がいたずらミッションを朝までに実行する『一泊いたずら人狼』、客室に隠された20枚の金貨を探す『小さな金貨』、逃げたピクトグラムを探す『ピクトのかくれんぼ』、エレベーターのドアに何人乗っているかを当てる『エレベーターギャンブル』、財宝を収納した隠し部屋を探す謎解き『秘密の部屋』など、ホテルならではのゲームが楽しめる。

その他、花札アートが毎月変化するフロント(写真左)、大きなボードゲームボックスに入れるフォトスポット(右)など、細部までこだわったボードゲームホテル。料金は1室単位なので、1人あたりにすれば3~4千円程度。これは連泊で泊まりにいくしかないだろう。予約は下記リンクから。

MIMARU大阪 難波STATION
大阪府大阪市浪速区日本橋3-6-24/TEL:03-5444-3600
web

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。