古代エジプトでワニの湿原を開拓『ファイユーム』日本語版、2月24日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アークライトゲームズは2月24日、『ファイユーム(Faiyum)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・F.フリーゼ、イラスト・H.リースケ、1~5人用、12歳以上、120分、7920円(税込)。

オリジナルは2020年、2Fシュピーレ(ドイツ)から発売された。紀元前2000年のエジプトを舞台に、ファラオから使命を受けた参謀の一人として、ワニが生息する大湿地帯ファイユームを農地化する。

手番にはカードプレイによってワニを追い払い、作物の収穫を指示し、集落を作り、名声ポイントを得ていく。場から新しいカードを購入してデッキを構築していくが、プレイしたカードは順番に重ねられ、手札に戻すときは最後にプレイしたカードからという仕組みでコンボを狙いやすくし、戦略性をもたせている。

カードの購入には『電力会社』でも用いられたダッチオークションが用いられ、場に出たばかりのカードは高く、安いカードが買われるにつれて安くなっていく。変化する盤面の状況に合わせて、他のプレイヤーよりも一手先を取っていこう。

ゲーム盤上に配置された集落や労働者は共有財産で、すべてのプレイヤーが利用できるのも特徴。盤面をコントロールし、カード効果をうまく組み合わせて大量得点を狙おう。場札の補充で自然災害カードが4枚出たら手札の補充ができなくなり、できる限りのプレイをしてゲーム終了。ゲーム中のアクションで獲得した名声ポイントの合計を競う。

ソロモードでは自己最高得点の更新を目指したり、ファイユームの発展計画を調整していくキャンペーンも入っている。

内容物:ゲーム盤 1枚、50/100名声トークン 5枚、値引トークン 4枚、貨幣トークン(1ゴールド 26枚、5ゴールド 10枚、10ゴールド 5枚)、ルール説明書 1冊、リファレンス 1冊、名声マーカー 5個、集落 16個、街 8個、工房 10個、増築 5個、道路 40本、橋 4本、橋(大) 2本、労働者 30人、小麦 20個、ブドウ 20個、石材 20個、魚 10個、バラ 12個、建材 15個、宮殿 2個、ワニ 38匹、管理アクション早見表カード 12枚、初期カード 25枚、ゲームカード 69枚


(写真は海外版)

投稿者: おの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。