バックハンダー(Backhander)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

書き換えまくった末に押し付け合い

リードスートではなく、予め場に並んだスートをフォローしなければならないトリックテイキングゲーム。符亀からゲームマーケット2021秋に発表されたもので、『インヴァージョン』に続く2タイトル目の「レーンフォロー」ゲームだという。テーマはカジノで、スートはスロットやルーレットを表しており、マフィアはどのカジノだと勝てるか知っているという設定になっている。

今回のゲームでフォローしなければならないスートは、ゲームの最初に場に並べられている。スタートプレイヤーからマストフォローでカードを1枚ずつ出し、数字の大きいプレイヤーが場にある今回のカードを獲得する。次のトリックは場にある次のカードにフォロー。場に一部のカードが並んでいることで、カウンティングがある程度できる。

こうして最後までプレイして、獲得したカードの枚数で勝負をするが、最多勝は荒稼ぎしすぎて警察に捕まったということで負けてしまう。2位を狙って、お互いに取りすぎないよう、にらみ合いの展開と成る。

タイトル「賄賂」にあるように、レーンをゲーム中に書き換えられるところがポイント。トリックの勝者は、獲得したトリックの中から1枚を選んで、この先のレーンの上に置く。他プレイヤーの獲得状況や自分の手札を見て、今後勝てるように(あるいは負けるように)調整しなければならない。しかも上書きされたトリックはカード枚数が増えるので、逆転勝利(敗北)の引き金となる。上書きに上書きが重ねられ、たんまり溜まったジャックポットは、もはや誰も引き取りたがらないため、低いカードの出し合いになるのも楽しい。

バックハンダー
ゲームデザイン・符亀/イラスト・Crocotile
符亀(2021年)
3~5人用/13歳以上/10~25分
通販:BEEP

投稿者: おの

バックハンダー(Backhander)」に1件のコメント;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。