超兵器開発で覇権を握れ『銀河帝国の興亡』11月6日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国際通信社は本日、『銀河帝国の興亡(The Rise and Fall of the Galactic Empire)』を発売する。ゲームデザイン・芦川敬、アートワーク・岡崎つぐお、バリアント原案・銅大、1~6人用、12歳以上、90~180分、7700円(税込)。

1988年にORG/エポック社から発売されたSFウォーゲームを復刻。銀河帝国衰退後に乱立した星間国家の一盟主として、星間戦争における勝利を目指す。ユニークなゲーム内容はそのままに、ルールの記述やコンポーネントデザインを見直し、マーカーやチャート類を整備。さらに新たなバリアントを追加した。

艦隊の建造、未知なる星々の探索、新たな兵器や技術の開発、外交と妨害工作、貿易など、軍事面のみならず総合的な国力の強化を図る。特に数倍の敵艦隊を消滅させるほどの強力な攻撃兵器の数々と対抗兵器、超能力部隊、ブラックホール牽引艦、ロストテクノロジーなど、強力な超兵器の開発・強化がカギとなる。

プレイヤーそれぞれに異なる勝利条件が与えられており、軍事力強化以外にも同盟・協調・銀河探索が必要な場合もある。しかし平和路線を目指していても貿易摩擦から戦争に発展したり、突発的な宇宙規模の災害によって路線変更を余儀なくされたりするかもしれない。他国の勝利条件の推測や妨害、同盟、ときには裏切りも勝敗を分ける。

勝利条件によって毎ゲーム展開も大きく変わるほか、2~3人ルール、1人用ソリティアシナリオ、キャンペーンシナリオも用意されている。

内容物:駒 約500個、カード 160枚、ゲームマップ 1枚、ルールブック1冊、チャート 2枚、記録シート 1枚、シナリオシート 1枚、サイコロ 2個

国際通信社:銀河帝国の興亡

 

投稿者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です