ザ・クルー:深海に眠る遺跡(Die Crew: Mission Tiefsee)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タスクのバリエーションがアップ

昨年、ドイツ年間エキスパートゲーム大賞、ドイツゲーム賞、アラカルトカードゲーム賞の3つの賞に輝いた協力トリックテイキングゲーム『ザ・クルー:第9惑星の探索』の後継作。今度は宇宙ではなく深海の探険がテーマになっている。

『第9惑星の探索』はミッションごとに固定のタスクがあったが、プレイ人数によって達成難易度にばらつきがあった(人数が少ないほうが達成しやすい)。今度は、タスクカード1枚1枚に達成難易度がついており、それがプレイ人数によって変えられている。3人なら「2」のタスクも、5人なら「5」となる。

各ミッションには達成難易度の合計値が指示されており、その合計値に達するまでタスクカードを引く。合計値はプレイ人数に関わらず一定であるため、人数が少なければタスクカードは多くなる。

『第9惑星の探索』のタスクカードは「赤の4」「黄色の2」というように、誰がどのカードを、どの順番で取るか指示していたが、『深海に眠る遺跡』はもとバラエティに富んでいる。「赤色を5枚以上取る」「潜水艦で赤の7を取る」「何色でも1を取らない」「最初の1トリックだけ取る」「連続で3トリック取る」「獲得トリックが単独最少」「全部のカードが6より大きいトリックを取る」「非公開で予想した数のトリックを取る」「獲得した赤と黄色と枚数が同じ」など。

さらにこれらは単独ではなく、複数枚組み合わせるわけだから、ミッションは毎回多様なものとなる。どのタスクカードを誰が取るか、そして相談ができない中でどのカードを出せばタスクが達成できるか、針の穴を通すような思考が求められる。

皆が選んださまざまなルールが毎回適用される『トリックマイスター(アミーゴ, 2010年)』を彷彿とさせるが、こちらは協力ゲームであることによって、どんな無理難題でもやりがいのあるチャレンジとなる。通信チップのタイミングも以前にまして重要になった。トリックテイキング好きにはたまらない作品である。

独シュピールボックス誌での平均評価が8.6(10段階)、10点をつけた評者が2人おり、「あの前作をさらに改良できるとは思わなかった」「後継作は前作を何よりも可変性によって追い抜いた」などと絶賛された作品。現在は日本語訳付き輸入版が流通しているが、やがて日本語版が出れば、タスクカードの英語を参照する手間が省けるだろう。

Die Crew: Mission Tiefsee
ゲームデザイン・T.シング/イラスト・M.アームブルスター
コスモス(2021年)
2~5人用/10歳以上/20分

投稿者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です