『ミクロマクロ:クライムシティ フルハウス』日本語版、11月上旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホビージャパンは11月上旬、『ミクロマクロ:クライムシティ フルハウス(MicroMacro: Crime City – Full House)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・J.ジッヒ、イラスト・D.ゴル&T.ヨヒンケ&J.ジッヒ、1~4人用、12歳以上、15~45分、3960円(税別)。

ドイツ年間ゲーム大賞、フランス年間ゲーム大賞をはじめ、今年数多くのゲーム賞を受賞した絵探しゲームの第2弾。オリジナルはシュピールヴィーゼ出版(ドイツ)の制作で、シュピール’21の新作になっている。

クライムシティには、解決しなければならない事件がまだまだあった! 新しい町のマップで、16の新たな事件を協力して解決しよう。75×110cmの町全体を表す大判のマップから、今回の事件のカードの指示に従って犯人の動機を特定し、証拠を見つけ、罪を明らかにする。解決になる場面を発見したら全員の勝利。事件の解決には、巧みな推理と鋭い目が必要だ。

凶悪な殺人事件や痴情のもつれなどもあるため、事件ごとに対象年齢に関するアイコンを表示。遊ぶ年齢層に合わせて事件を選べるようになっている。

内容物:大判(75×110cm)の町のマップ 1枚、ルールブック 1部、 封筒 16枚、拡大鏡 1個、事件カード 120枚 他


(動画は英語版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。