クニツィアのトリテをリメイク『オッドソックス』9月28日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コロコロ堂は9月28日、カードゲーム『オッドソックス』を発売する。ゲームデザイン・R.クニツィア、アートワーク・高畑慧、3~5人用、8歳以上、30分、2420円(税込)。

クニツィアが1999年にASS社(ドイツ)から発表した『綱渡り(Drahtseilakt)』をテーマを変えてリメイク。『リレーションシップ・タイトロープ(Relationship Tightrope)』(ウーバープレイ社、2004年)、『フィフティ・フィフティ(Fifty Fifty)』(ツォッホ、2010年)、『陰陽(Ying Yang)』(イーグルグリフォン、2010年)、『少林パンダ(Szaolin Panda)』(エグモント・ポルスカ、2014年)、『禅マスター(Zen Master)』(ヘルベティク、2016年)と数多くリメイクされてきた作品で、青・赤で一組となる「オッドソックス」を、片足分にならないように集めることを目指す。

はじめに今回のトリックでの靴下本数(1~9本)が示され、トリックテイキングを行って数字の一番大きかった人がその数字だけ青い靴下、一番低かった人が赤い靴下を取る。青の靴下と赤の靴下は互いに打ち消し合う関係になっており、最後に残った靴下が失点になる。

できるだけ皆の中間の数を出し、青い靴下も赤い靴下も取らないようにしつつ、取ってしまったら頑張って調整する。最後の最後に9が来たりするなど、得点カードの並び順で思わぬドラマも生まれる。軽めながらクニツィア魂の感じられるカードゲーム、『luz-ルイス』に続いてコロコロ堂の高畑慧のアートワークで復活だ。

内容物:カード 61枚(58mm×88mm)、靴下コマ 50枚、日本語説明書

コロコロ堂:オッドソックス

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です