ネイティブ(Natives)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人員を増やしてアクション強化

さまざまな職業に人員を振り分けて、ネイティブ・アメリカンの一族の繁栄を競うロシアのカードゲーム。2019年のアラカルト・カードゲーム賞5位。他プレイヤーの種族に働いてもらうこともできるが、最後に失点になってしまうので、適度なタイミングで「始末」する。

各プレイヤーの前には7つの職業エリアがあり、手番にはその中から1つを選んで実行する。人員を配置すればするほどアクションが強化される仕組みだ。

  1. 長老:場からネイティブを獲得して好きな職業エリアに配置する
  2. シャーマン:場から儀式・トーテムを獲得して特殊効果(自分より優位なプレイヤーにカードを捨てさせるなど)を発動する
  3. 戦士:場からネイティブを獲得して殺す(得点になる)
  4. ハンター:場からバイソンを獲得する
  5. 漁師:場から魚を獲得する
  6. 農夫:場から麦を獲得する
  7. スカウト:アクションの前に場にカードを追加できる

山札から冬カードが出たら最終ラウンドを行って得点計算。各職業に従事していた自分の種族は得点、他プレイヤーの種族は失点。他のプレイヤーのところで働いていた自分の種族も得点。バイソン、魚、麦、戦士が殺したネイティブも得点。儀式やトーテムによる追加ボーナスを加えて得点を競う。

前のプレイヤーと同じ職業を強化しても場のカードがなくなっているので、棲み分けは大切である。そこから生まれる上家下家のインタラクションが面白い。特に終盤はシャーマンを使って職業の配置換えをしたり、特定の食料だけに特化して集めるなど、なりふり構わぬ重点戦略が起こるので、それをお互いにどれくらいカットできるかがカギ。人員を増やしても場に対応するカードがなければ十分な活動ができないので、機を見てどの職業を増やすかで、センスが問われる。

Natives
ゲームデザイン・A.コンノフ&A.パルツェブ&A.シクリャロフ&トレーグラニク
イラスト・V.ザブルダエフ&フォオーレ社
コスモドロームゲームズ(2017年)―コスモス(2019年)
2~4人用/8歳以上/20~40分

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です