ニュースの時間です(It’s News Time)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

笑ってはいけない

ニュース原稿にところどころ穴が空いていて、そこに他プレイヤーがねじこむヘンテコワードを入れつつ笑わないように読み切るゲーム。ゲームマーケット2021大阪で発表された。写真は北海道ボドゲ博3.0で発表された北海道版。さらにゲームマーケット2021秋に第3弾が計画されている。

交替で1人がニュースキャスター役、ほか全員がAD役となる。今回のニュース原稿を引いて内容を確認したら、AD役は番号の振られたフリップにワードを書き込む。思いつかない人のためにワードカードも付属するが、自分で考えてもよい(自分で考えたほうが楽しい)。その間、ニュースキャスターは原稿読みの練習。この時点で、空欄に何が入るかはわからない。

AD役が全員書き終わったらいよいよ本番。「3、2、1、キュー」と指で合図して、ニュースキャスターが「ニュースの時間です」といって原稿を読み始める。撮影していなくても、全員が聴いていると結構緊張するが、この緊張がゲームの要である。

AD役は、各空欄の少し前で、担当するフリップを掲げてニュースキャスターに見せる。これをさりげなく読んで次へ。もちろんウケ狙いのヘンテコな単語ばかり出てくるが、笑ってはいけない。最後までしっかり読めたら、全員から「いいね」チップがもらえる。さらに、いいフリップを考えた人にも各自が「いいね」チップを渡し、ニュースキャスターを交替。全員がニュースキャスターをしたらゲーム終了で、「いいね」チップの合計数で勝者を決める。

笑って読めなくなるというほどではなかったが、突然出てくるワードに何度か笑いをこらえるのは確かで、ダメージが蓄積してくる。油断すると吹き出しそうになるのを我慢して、読み終わってから緊張が解けると同時に笑いが出た。

拡張「速報ルール」では、指定されたテーマに関連するワードしばりになるが、このルールのほうがフリップが書きやすく、ニュースにも統一性が出て面白いという感想が聞かれた。写真は「コンビニ」しばり。今年で70回目を迎えるサンクス祭りのニュースである。北海道に残っている幻のサンクスを夢想した。

ニュースの時間です
ゲームデザイン・A.I.Lab.遊&ささみ企画/イラスト・有我悟
2~7人用/10歳以上/5~35分

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です