『孤独のグルメ』にボードゲームカフェ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

17日深夜に放送されたテレビ東京系ドラマ『孤独のグルメ season 9』(第11話)で、巣鴨のボードゲームカフェ「有明亭」が舞台となった。

『孤独のグルメ』は漫画を原作にしたテレビドラマで、輸入雑貨商の井之頭五郎が仕事の合間に立ち寄ったお店で独りで食事を楽しむ。今回はモンゴル料理のお店に入る前に、ボードゲームカフェでチェスをプレイした。

ボードゲームができるカフェで、真剣な表情で悩む井之頭五郎(松重豊)。12歳の女の子・あやめちゃん(川上凛子)相手にチェスをしていた。さっきルールを教えてもらったばかりの五郎は、長考した割にあっさり負けてしまう。その後、商談相手のあやめちゃんの父・野川(山中崇史)が帰って来て商談を終えると、あやめちゃんにまたチェスを誘われてしまう。しかし、五郎はこれから仕事があるから、と逃げるように商談先を後にする。気が付けば、すっかり空腹になっていた五郎。店を探すが、全く見当たらず、駅まで戻ることを考える。すると、五郎の目の前に現れたのは馬の絵と羊メニュー多めの看板。先ほどのチェスで、あやめちゃんに教わった【守るより、攻めろ】の言葉を思い出し、思い切って「シリンゴル」に入る。

「守るより、攻めろ」は初めて遊ぶアブストラクトゲームでの有効な戦略。そしてボードゲーム愛好者ならよく知っていることだが、頭を使うと非常に腹が減るものである(だからゲーム中のおやつは妙に美味しい)。

メインとなる食事のシーンはボードゲームカフェでなかったが、ロケ地となったボードゲームカフェ「有明亭」はカフェメニューが充実している。スパイスチキンカレーやチキントマトオムライスなどのプレートメニューから、燻製盛り合わせやソーセージなどのおつまみメニュー、チーズケーキやバニラアイスなどのスイーツ、アルコールはクラフトビールやハイボール、各種カクテルがある。内装も凝っており、一度訪れたいボードゲームカフェだ。

孤独のグルメ:第11話 東京都豊島区巣鴨のチャンサンマハと羊肉ジャージャー麺
ボードゲームカフェ「有明亭」

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です