『世界の七不思議:建築家たち』日本語版、10月下旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホビージャパンは10月下旬、『世界の七不思議:建築家たち(7 Wonders: Architects)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・A.ボザ、イラスト・E.エバンジェ、2~7人用、8歳上、25分、6160円(税込)。拡張セットではなく、単独でプレイできる。

ドイツ年間エキスパートゲーム大賞をはじめ世界各国のゲーム賞を受賞した文明発展ゲーム『世界の七不思議』のセルフリメイクで、ルポ・プロドゥクシオンから今秋発売される最新作。新しいドラフト方式で資源を集め、歴史に名を刻む七不思議の建造物を建造する。

未完成の七不思議を自分の前に置いてスタート。手番には自分のデッキ(表向き)か、右隣のプレイヤーのデッキ(表向き)か、中央の山札(裏向き)からカードを取って実行する。手番制で、実質2択になった。

カードは七不思議を建造するための資源、どの資源の代わりにでもなるコイン、勝利点をもたらす文明、さまざまな特殊効果をもたらす科学、定期的に起こる戦争で勝利できる軍事の5種類。誰かが自分の七不思議を完成させたらゲーム終了で、各分野の勝利点の合計を競う。

カードの効果をシンプルにして、手番制でも時間がかからないようにしつつ、各七不思議がそれぞれ異なるパターンで徐々に出来上がっていく様子をパーツを組み合わせて表現して、ファミリーやライト層でも楽しめるようにした作品だ。

内容物:カード 235枚、七不思議 7つ、カードホルダー 7つ、トレイ 8つ、トークン 50枚、ルールブック 1部

 

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です