刻一刻と変わるルールで生き残れ『レッド7』日本語版、9月3日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グループSNE/cosaicは9月3日、カードゲーム『レッド7(Red Seven)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・C.チャデク&C.シェスリク 、2~4人用、9歳以上、5~10分、2200円(税込)。

オリジナルは2014年、アスマディゲームズ(アメリカ)から発売された作品。デザイナーは『イノベーション』『ユークロニア』のチャデクと、『テストプレイなんてしてないよ』シリーズのシェスリク。虹の7色、1~7まで49枚のカードを使った生き残りゲームで、2014年のゴールデンギーク賞で4部門(イノベーティブ、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、カードゲーム)にノミネートされている。

各自7枚の手札と1枚の場札をセットしてスタート。手番には手札のうち1枚を場札に加えて、「現在のルール」でほかのプレイヤーに勝っているようにする。最初のルールは「赤」で、全員の中で自分の場札の数値が最大(複数ある場合はより強い色)でなければならない。

勝てない時は、中央にカードを出してルールを変更する。「同じ数字のカード枚数」「同じ色のカード枚数」「偶数のカード枚数」「色の数」「連番の枚数」「3以下の枚数」があり、中央に出してかつ、自分の場札に加えてもよい。どうやっても勝てなければ即脱落となり、最後まで残ったプレイヤーが勝者となる。

発展ルールでは得点計算があり、累積で目標点を目指すほか、場札に置いたカードによって効果が発動する選択ルールもある。

ゲーム中、ルールは刻一刻と変化し、さっきまで強かったカードが紙クズ同然になることも。手札をやりくりし、手番に誰よりも多くのカードがルールを満たすようにしよう。短時間で遊べ、ユニークでやみつきになるカードゲームだ。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です