ドラフトで庭園づくり『フローリッシュ:咲き誇る花園』日本語版、9月下旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホビージャパンは9月下旬、『フローリッシュ:咲き誇る花園(Flourish)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:J.A.ウィルソン&C.A.ウィルソン、イラスト・A.ボルチェルト&D.メイ&C.チー&N.ロビンソン、1~7人用、8歳以上、20~60分、8800円(税別)。

ドラフトで色とりどりの花や樹木、小道や鳥の巣などのカードを集め、庭園を作るカードゲーム。ゲームデザインは『エバーデール』のウィルソンで、スターリングゲームズ(アメリカ)がキックスターターを経て製品化した。

各プレイヤーは6枚の手札から、自分の庭に出すカード1枚と両隣のプレイヤーに渡すカード2枚を選ぶ。こうして3枚のカードを自分の庭に並べたら得点計算。カードに付いている花や樹木などのアイコンのセットやマジョリティーで得点となる。これを4ラウンド行い、得点計算を行ったらゲーム終了となる。カードは累積し、最後は12枚のカードでの勝負となる。

対戦プレイモードと協力プレイモードがあり、ソロルールもあり。さらに日本語版には拡張セット「友人」と「装飾建造物」を同梱し、新たな得点源が増え、選択が広がる。

お互い高得点を封じつつ、相手の選択を読んで自分のカードを選ぶインタラクションはドラフトならではの楽しさ。美しいアートワークのカードだけでなく、豪華な立体コンポーネンがふんだんに入っており、庭造りの雰囲気を盛り上げる。

内容物(友人、装飾建造物拡張含む):カード 98枚、得点ボード 7枚、立体的な壁 7枚、リボントークン 24枚、メダルトークン 3枚、サイン入り銘板 2枚、装飾アート銘板 1枚、ルールシート、友人カード 15枚、立体的な建物 35個、組み立て説明書 他

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です