協力と裏切りの収容所脱走『スケープ』日本語版、4月23日発売

グループSNEは4月23日、正体隠匿ゲーム『スケープ(Scape)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・F.「パク」・ガレゴ、3~10人以上、8歳以上、20分、2200円(税込)。

オリジナルはGDMゲームズ(スペイン)から2015年に発売された作品。イラストを全面的に一新しての日本語版となる。第二次大戦中、米英の捕虜たちがドイツの収容所からゲシュタポの罠をかいくぐって脱出することを目指す。モチーフは映画『大脱走』でも知られる「スタラグ・ルフトIII強制収容所脱走事件」だ。

プレイヤーは第二次世界大戦中の「アメリカ陸空軍」「イギリス空軍」「ゲシュタポ」の3陣営に分かれる。米英の捕虜は(一時的に!)力を合わせて脱走用のトンネルを掘り、プレイヤーの中に紛れているゲシュタポが仕掛けた罠を上手く排除しなければならない。

手番にはカード1枚を裏向きか表向きに出すだけ。裏向きに出せばトンネルを掘ったことになり、「SCAPE」という言葉を完成させればトンネルが完成する。表向きに出せばアクションの効果が適用される。

全てのカードが出たらゲーム終了で、「SCAPE」が完成していなければゲシュタポの勝利。「SCAPE」が完成していても、カードをめくってゲシュタポの印があると罠にはめられたことになり、やはりゲシュタポの勝利となる。「SCAPE」が完成し、ゲシュタポの罠がなければ捕虜の勝利となるが、ここで米英で山札を比べ、どちらかのチームが勝利する。

トンネルを掘るか他プレイヤーを牽制するかの選択で、次第に明らかになっていく正体。最後の最後まで分からない勝敗がスリリングなカードゲームだ。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です