野菜の成分でバトル!『サラダマスター』4月26日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

バンソウは4月26日、カードゲーム『サラダマスター』を発売する。ゲームデザイン・ミヤザキユウ、アートワーク・TANSAN、2~4人用、8歳以上、15分、2200円(税別)。

カロリー、タンパク質、炭水化物、食物繊維という4つのデータから、お題に合っていると思うカードを出して比べるカードゲーム。ただし4つのデータは出すまで見ることができず、普段の食生活などから推察するしかない。

「食物繊維が多いもの」「炭水化物が2番目に多いもの」などのお題が出るので、自分の手札からそのお題で勝てると思う野菜カードをプレイする。全員が出した野菜カードを比べて、お題に最も合っていたカードを出した人がお題カードをゲット。3枚先取で勝利となる。

野菜カードはカードスタンドに立ててあり、自分からは野菜しか分からない。一方、ほかのプレイヤーの分はデータが見えるインディアンポーカー形式。他のプレイヤーの手札を参考にしたり、はったりをかましたりするなど、駆け引きも生まれる。

野菜、果物、穀物などが描かれたカードは全部で60種類。成分のデータは日本食品標準成分表2020年版(八訂)に基づいている。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です