領土をつなげて広げて『ローゼンケーニッヒ』日本語版、2月13日発売

リゴレは2月13日、2人用陣取りゲーム『ローゼンケーニッヒ(Rosenkönig)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・D.ヘン、イラスト・A.シュタイナー、2または4人用、10歳以上、30分、3000円(税別)。

オリジナルは1999年にコスモス社(ドイツ)から2人用ゲームとして発売された。15世紀イギリスで、白バラの紋章を掲げるヨーク家と、赤バラの紋章を掲げるランカスター家が戦った「薔薇戦争」をモチーフにしている。今回の日本語版はオープンプレイ(韓国)のパッケージデザインに基づき、カード枚数を2倍にして2対2のチーム戦もできるようになった。

方向と距離が描かれたカードを使って王冠コマを操作し、王冠コマの移動先に自分の色のコマを置いて自分の領土を増やしていく。自分の前に並んだ5枚のカードから使うものを選び、使いたいものがなければ1回休んで補充もできる。どちらも行動できないか、コマがなくなったら終了で、領土は縦横に隣接して連続する個数の2乗が得点。

お互いの持ち札はオープンなので、相手の動きを予測したり、相手が動きにくいボード端に移動したりとインタラクションがあるほか、強力な騎士カードで相手の領土を自分のものと取り換えることもでき、ドラマチックな逆転劇を起こせるかもしれない。

リゴレ:ローゼンケーニッヒ

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です