アスモデ社、ボードゲームアリーナを買収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボードゲーム出版社の大手アスモデグループ(本社フランス)が、ボードゲームオンラインサイト「ボードゲームアリーナ」を買収したことが12日明らかになった。『スカル』や『宝石の煌き』など、これまで遊べなかった作品が追加されることになりそうだ。

「ボードゲームアリーナ」はブラウザ上で無料プレイできるボードゲームサイト。2010年に設立され、現在286タイトルが40ヶ国語でプレイでき、ユーザーは全世界で585万人にのぼる。日本語サポートもあり、コロナ禍の巣ごもり需要で国内でも認知度が高まった。2020年は前年比600%の利用回数を記録。これで出版社を買収して拡大し続けるアスモデグループの目に止まったと見られる。

アスモデグループ戦略部長のT.ヘグラー氏は「世界中のプレイヤーが出会い、お気に入りのゲームを一緒にプレイしたり、新しいゲームを発見したりできるプラットフォームをもつことは、素晴らしいボードゲームのカタログをもつのと並んで自然な成り行きです」とコメントしている。

買収後も「ボードゲームアリーナ」はアスモデグループ傘下の出版社の多くと同様、独立して開発を続け、アスモデグループ以外の出版社の作品も扱う。アスモデグループはこれに『スカル』や『宝石の煌き』などの自社製品を提供する予定。アスモデ社が子会社「アスモデ・デジタル」で展開しているオンライン版との統合も予想される。

gameindustry.biz: Asmodee acquires Board Game Arena
spielbox-online: Asmodee: kauft Board Game Arena

 

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です