ボードゲームカフェバー:2020年の新規開店は39件

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年のボードゲームカフェ/バーの新規オープンは39件だったことが、当サイト調べでわかった。昨年の47件から約2割の減少となる。

新型コロナウィルスの感染拡大で政府は4月に緊急事態を宣言。多くの飲食店が休業を余儀なくされ、新規オープンを予定していたが延期または断念したところもあったと見られる。その後も感染拡大が収まらず、第二波、第三波といわれる中で、ボードゲームカフェも例外なく厳しい状況にある中、新規39件という数字は健闘したといえるだろう。ボードゲームプレイスペースの新規オープンも18件と昨年の23件から減少。

現在、日本国内で営業しているボードゲームカフェは208件。そのうち、約30%が東京都内、約13%が大阪府内と、東京と大阪で4割以上を占める。「テレビに小池知事が出ると、次の日にお客さんがてきめんに減る。ここまでは何とか持ちこたえてきたが、このままの状況が続くと厳しい」と都内のあるボードゲームカフェ店主は語る。

閉店件数は6件と、昨年の10件、一昨年の6件と同程度。今後の見通しは決して楽観視できないが、巣ごもり生活でボードゲームが脚光を浴びる中、情報の発信源でありコミュニティーの中核となっているボードゲームカフェやプレイスペースを、みんなで応援しよう。

ボードゲームカフェ、営業再開と課題
ボードゲームカフェ/バー/プレイスペースリンク集

※ボードゲームカフェ:ボードゲームをメインコンテンツにしており、かつカフェ/バーを名乗っている店舗

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です