マーダーミステリーゲーム『魔女は黄昏の鐘に消える』『あの夏の囚人』11月20日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グループSNE/cosaicは11月20日、マーダーミステリーゲーム『魔女は黄昏の鐘に消える』(ゲームデザイン・秋田みやび、6~7人用、15歳以上、150分)と『あの夏の囚人』(ゲームデザイン・秋口ぎぐる&桜井理人、8~9人用、15歳以上、180分)を発売する。アートワーク・タンサン、各3200円(税別)。
大阪のマーダーミステリー専門店「フーダニット」で公演されている同社のパッケージ型オリジナルマーダーミステリーシリーズ第6弾・第7弾。ゲームマスターなしでプレイできる。デザインを手掛けた秋田みやび氏はグループSNE所属の小説家でソードワールドノベルなどの作品があり、秋口氏と桜井氏のコンビは『人狼村の祝祭』以来となる。
『魔女は黄昏の鐘に消える』は7年前に閉鎖された女学院の旧館が舞台。かつて美しい鐘の音を響かせていたチャペルで、一人の魔女が姿を消したといわれている。閉じられた旧館で再び鐘の音が鳴り響いた日、一人の男が死体となって発見された。その日偶然集った7人の男女。しかし扉は開かず、旧館に閉じ込められる。彼らの目的は? 犯人は誰なのか? 消えた魔女が再び現れたのか? 校内のマップや情報サイト、さまざまなギミックが魅力だ。
majohatasogareno.jpg
『あの夏の囚人』は、自分が死者であることに気づいている青年が主人公。だが自分が死ぬ数日前までの記憶がない。幸い、葬儀には旧友たちが久しぶりに集まってくれている。彼らの力を借りれば、自分が死んだ理由がわかるかもしれない……。13年前の「あの夏」に囚われた若者たちが織りなす、追憶と再生の物語が始まる。幽霊プレイヤーによる「他人の手札の閲覧」ルール、漁船による「小島の探索」ルールといったギミックが新しい。
anonatunoshujin.jpg
MYSTERY PARTY IN THE BOX 公式サイト

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です