ドイツ・ハバ社、シュリンクを段階的に廃止

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハバ社(ドイツ)は今年から、環境に配慮した取り組みとしてボードゲームのシュリンク(プラスチックホイル)を段階的に廃止していくことを決定した。ニュルンベルクで発表される新製品から、シュリンクではなく箱をシールでとめるようになる。
昨年、国連気候行動サミットでの演説で話題となった環境活動家グレタ・トゥーンベリ氏が呼びかけている「未来のための金曜日(Friday for Future)」に呼応した取り組み。プラスチックごみの軽減と持続可能な社会に貢献していくことを目指す。シュリンクだけでなく、玩具やゲームのパーツを整理するプラスチックの袋も今後撤廃していくという。
シールは写真のように開封しやすくなっており、箱に残る部分も目立たない。ハバ社では、環境への配慮を示す何らかのメッセージをシールに印刷するか検討している。
現在、ボードゲームはカップラーメンや化粧品類のように、密封や汚れ防止などの目的でビニール製の透明フィルムをかけ、加熱収縮した状態で販売されることが多い。今後、ドイツ国内外のボードゲーム出版社が追随するか注目される。
habaseal.jpg

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です