アラカルトカードゲーム賞2018に『支離滅裂』

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツのボードゲーム専門誌『フェアプレイ』は25日、ウェブサイトにてアラカルト・カードゲーム賞2018を発表した。識者の投票によって、『支離滅裂(Krass Kariert)』が1位に選ばれた。
『支離滅裂』は、アミーゴ社のゴーアウト系カードゲーム。手札から前の人より強いポーカー役のカードを出して手札を早くなくすゲームだが、手札の順番を変えてはならず、隣り合ったカードしか出すことができない。日本ではメビウスゲームズが取り扱っている。
2位はマーク・アンドレの『マジェスティ』、3位にはドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされた『ザ・マインド』が入った。日本人作品は高天原の『花見小路』(4位)とオインクゲームズの『スタータップス』(8位)が入賞し、2013年の『ラブレター』以来6年連続の入賞。複数タイトルの入賞は、『街コロ』が優勝し、『セイルトゥインディア』が4位となった2015年以来3年ぶりとなる。
エッセン・シュピールの初日、『フェアプレイ』のブース前にて、『支離滅裂』デザイナーのK.シュトレンメル氏とアミーゴ社の編集者U.メルター氏を招いて授賞式が行われた。
【アラカルトカードゲーム賞2018】
1位:支離滅裂(Krass Kariert / K.シュトレンメル / アミーゴ)
2位:マジェスティ(Majesty / M.アンドレ / ハンス・イム・グリュック)
3位:ザ・マインド(The Mind / W.ヴァルシュ / ニュルンベルガー・シュピールカルテン出版)
4位:花見小路(Hanamikoji / 中山宏太 / コスモス)
5位:ブードゥープリンス(Voodoo Prince / R.クニツィア / シュミット・シュピーレ)
6位:ヒーローレルム(Hero Realms / R.ドゥーアティ&D.カッスル / ホワイト・ウィザード・ゲームズ)
7位:テキサス・ショーダウン(Texas Showdown / M.メジャー / アミーゴ)
8位:スタータップス(Startups / 佐々木隼 / オインクゲームズ)
9位:イリュージョン(Illusion / W.ヴァルシュ / ニュルンベルガー・シュピールカルテン出版)
10位:第七大陸(The 7th Continent / L.ルディ&B.ソーッター / シリアス・プルプ)
À la carte 2018: Krass Kariert

Author: admin