島を巡って投資!『遥かなる喜望峰 -航海の時代-』9月13日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

thecapeofgoodhope.jpgアークライトは9月13日、スイッチゲームズのレーベルで『遥かなる喜望峰 -航海の時代-』を発売する。ゲームデザイン・A.I.Lab.遊、イラスト・赤瀬よぐ、グラフィック・小宮山佳太(ワンドロー)、2~5人用、10歳以上、プレイ人数×10分、3500円(税別)。
ゲームマーケット2015大阪で発表され、高い評価を得て再版が重ねられている作品を、拡張セットを加えてリニューアル。プレイヤーは七つの海を股にかける商人となり、さまざまな島をめぐりながら収入と投資を繰り返し、勝利点を競う。
手番には自分の船を進行方向に次の島に移動させ、そこから収入を得た後、コストを払って投資する。投資しておくと、次にまたその島に来たときに収入が増えるという拡大再生産のゲームだ。最後は島ごとに投資チップの多いプレイヤーが勝利点を得るが、勝利点の多い島は収入が少なく、収入が多い島は勝利点が少ないというジレンマがある。ほかのプレイヤーの動向を見て、上陸する島を選ばなければならない。
2016年に発表された拡張セット『王家の書簡』も収録し、さらに、新しい拡張ルール「海賊」「長崎」も収録している。イラストは当サイトで『ボドゲde遊ぶよ!!』を連載中の赤瀬よぐ氏、グラフィックは『セイムワン!』を手がけた小宮山佳太氏が担当し、船コマも豪華帆船となって生まれ変わった新版だ。
内容物:母港カード(直径80mm)3枚、港カード(120×80mm)24枚、契約カード(63×44mm)15枚、書簡カード(63×44mm)9枚、船コマ6個(1つは海賊コマ)、ついたて5枚、投資チップ40枚、資源トークン75個、貨幣チップ40枚、勝利点チップ28枚、スタートプレイヤーマーカー1個、ルールブック1冊
thecapeofgoodhope2.jpg

Author: admin