『横濱紳商伝』英語版キックスターター、目標の10倍以上で達成

このエントリーをはてなブックマークに追加

5月のゲームマーケット2016春で発売された『横濱紳商伝』(OKAZU Brand)について、TMG社(アメリカ)が英語版”Yokohama”の製作資金をキックスターターで募集したところ、目標額40,000ドルの10倍を超える43万ドル(約4500万円)を5784人が出資した。
『横濱紳商伝』は、明治期の横浜を舞台に街をめぐって名声をあげるボードゲーム。英語版は紙製だったコインが金属に、コマが木製にグレードアップされ、45ドル(約4700円)以上の出資で製品が提供されることになっていた。
予想を大幅に超える出資に、出資総額に応じてアップグレードされるストレッチゴールは全て開放。助手コマがミープルに、ボードの厚さが増すなどさらにグレードアップすることになった。
キックスターターでは22万人が878万ドルを出資した『爆発する子猫(Exploding Kittens)』をはじめとして、100万ドル以上集める作品がいくつもあるが、TMG社のプロジェクトとしては過去最高額。ヤポンブランドを通じて世界に発信し、海外のボードゲーム愛好者から高い評価を集めてきたOKAZU Brandの注目の高さを物語っている。
TGiWレビュー:横濱紳商伝

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です