シュピール’16:現地梱包発送サービススタート

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツ・エッセンで10月13日から4日間にわたって開催される世界最大のボードゲームイベント「シュピール’16」にて、初めて現地梱包・発送サービスが行われることになった。ゲームマーケットのゆうパックサービスと同様、購入したゲームを会場から発送することができる。日本への発送も可能だ。
シュピールでは新作・中古ゲームが購入できるが、これまでは地下鉄でエッセン中央駅前の郵便局まで行き、発送しなければならなかった。しかも郵便局は日曜日が休みになるため、土曜のお昼までに発送を済ませる必要もあった。
今年から現地で梱包と発送サービスを行うのはメールボックスETC社(Mail Boxes ETC.)で、場所は7番ホールのG101。送料は5㎏まで48ユーロ、10kgまで82ユーロ、20㎏まで119ユーロ、30kgまで155ユーロ。郵便局からDHLで送る場合と比べて平均2割ほど高いが、箱やカートを抱えて地下鉄に乗ることを考えれば妥当といえよう。シュピールで大量に購入する人には朗報だ。
個人来場者だけでなく、業者も利用でき、各ブースで梱包してもらうこともできる。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です