学園メテオ(Meteo Academy)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生き残り不可能!?
学園メテオ
隕石が降り注ぐ街の中で、正体を隠して目的を達成するゲーム。グループSNEが制作し、昨年秋に発売された。正体隠匿なのに、そのキャラクター自体が即死してしまうこともあるという衝撃的な作品だ。
ボードにタイルを5×5枚並べ、6人のキャラクターコマを置いたところからゲームは始まる。各プレイヤーは正体カードを引いて、いずれかのキャラクターを担当する。
手番には、どのキャラクターでもいいので3マスまで移動させて、隕石カードを引く。隕石カードの座標に隕石が落ち、そこにいるキャラクターは即死。「ちょ!」隕石は、前に落ちたところから縦か横の一列上に落ちるので、そこに自分のキャラクターが行かないようにしよう。しかし、隕石が落ちたところには移動できなくなるので足場がどんどん少なくなっていく!
即死しなくても安全ではない。縦横に隣接するところにいるキャラクターはパニックになる。パニックトークンを置き、3枚以上溜まると絶望状態になって移動できなくなってしまう。パニックトークンは、ほかのキャラクターが行って「励ます」というアクションを行うことにより取り除くことができる。
各キャラクターの勝利条件はさまざまで、ただ生き残ればよい「平凡男子」、その平凡男子と同じマスで隕石が落ちれば勝つ「ストーカー女子」、4回励ませば勝つ「学園王子」、その学園王子を絶望状態にして殺害することを目指す「復讐女子」など。勝利条件に向かって動けば真っ先に隕石で狙われるので、どこからあからさまに勝利条件を満たしに行くかが難しい。
キャラクターが隕石で死んでしまったら、新しいキャラクターを引く。キャラクターもなくなったら脱落。すごく潔い。
4人プレイで20分ほど。隕石が落ちたところのタイルをめくったらいきなり「異星人X」が出てきた。これは最後まで助かれば勝てるキャラクターで、早速脱落。私は「平凡男子」だったが、勝利条件を満たす前に死亡。その前にカモフラージュで「学園王子」を使って励ましておいたのが失敗で、結局carlさんがこの「学園王子」で勝利した。どんどん隕石が落ちてきて仲間がいなくなるが、最後まで諦めてはいけないゲームである。
学園メテオ
デザイン:川人忠明/イラスト:四季童子/グループSNE+cosaic(2015年)
2~4人用/10歳以上/30分

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です