『赤ずきんは眠らない』11月14日一般発売

スイッチゲームズは11月14日、日本のブラフゲーム『赤ずきんは眠らない(Eat me, If You Can)』を一般発売する。佐藤純一(Junias)作、イラスト・152°、3~6人用、6歳以上、20分、2,000円(税別)。
オリジナルは2012年のゲームマーケットで薫風から発売された作品。ヤポンブランドを通じて海外に紹介され、英語、フランス語、中国語、ロシア語、オランダ語版が発売されている。
赤ずきん、おやぶた、こぶた、そして狼役に分かれ、狼は誰を襲うか、ほかのキャラクターは狼に備えるか眠るかを選ぶ。狼に襲われずに眠れたら得点だが、襲われると得点を取られてしまう。キャラクターによって得点が異なり、狼がどれを狙うかで心理的な駆け引きがある。
今回のリメイクでは、大きくて遊びやすいカードや、見た目に楽しいハート形のトークン、分かりやすいルール解説コミックなど、コンポーネントにこだわった内容で、ゲームの時間を盛り上げる。
スイッチゲームズは日本人ゲームデザイナーの作品を世の中に送り出すことを目的に立ち上げられたアークライトのボードゲームブランド名。カナイセイジ氏の『Gods’ Gambit ~神々の一手~』、川崎晋氏の『クイズいいセン行きまSHOW』に続き3タイトル目となる。
内容物
キャラクターカード:6枚
おうちタイル::6枚
進行早見表:6枚
得点トークン(丸型):24個
得点トークン(ハート型):6個
遊び方説明書:1冊

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です