ルイナス(Ruinous)

なくなっていくボード
ルイナス
廃墟となった「霊都」を周回してカードを集め、勝利点を競うゲーム。ゲームの背景設定にこだわるBakaFire Partyの第4作である。ダイスを使用するが、振るのではなく、カードを使って出目を変え、狙ったマスにたどり着いたり、ほかのプレイヤーを攻撃したりする。運に左右されないダイスゲームである。
手番の最初には手持ちのカードを「起動」してダイスの目を変えることができる。最初もっているのは「リバース」と「シフト1」のみ。「リバース」はサイコロを逆さまにするもの、「シフト1」は±1するもの。ゲーム中に獲得するカードによって、さらに移動力を足したりできる。
移動は六角形の廃墟を時計回りに進む。そして移動先に置いてあるカードを獲得。カードがなくなったところでは、何とボードを取る(「解放」)。このボードは重要な得点源となるので、カードがなくなったところをいち早く目指さなくてはならない。
また、移動先の中央ボードエリアに「感応マーカー」を置くことができ、これも特殊効果や得点を生む。置いたときにダイスが逆さまになってしまうエリア、全部のマスが埋まらないと得点が入らないエリアなど、一癖も二癖もあって面白い。
ボードを1周するたびに「魂のかけら」と「運命マーカー」がもらえる。「魂のかけら」は使用済みのカードを「再起動」するのに必要で、運命マーカーは得点になる。つまり、どんどん出目を上げて早く回ったほうがよいが、数字の大きい目はパワーが低く、より強いプレイヤーと同じマスに入った場合、運命マーカーを奪われてしまう。カードを使って強いプレイヤーをうまく避けていこう。
カードはいくらでも持てるわけではないところもポイント。このゲームの貨幣である「ウィル」を置かないと維持できないため、ウィルを補充しておかないと、新しいカードを増やせない。ウィルがぎりぎりの中で、どのカードを捨ててどのカードを残しておくかがポイントである。
3人プレイで30分ほど。攻撃をかわしつつ、周回スピードを上げてボードを集めに行く作戦。奪われても気にしない。スタートダッシュが奏功し、中央ボードの得点で漁夫の利もあり1位。一度使ったカードは再起動まで使えなくなるので、カードを使う順番を考えて進むのが面白かった。さらにほかの人がどこに移動しそうかもある程度見えるため、先を読む力が試される。ボードを取り外してしまうという突飛なシステムと相まって、異色のダイスゲームである。
ルイナス
BakaFire / BakaFire Party(2014年)
3~4人用/12歳以上/30~40分

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です