BC(BC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投資するならBCに
BC
仮想通貨BCのゲームと思いきや、BCとはボードゲームクリエイター(Boardgame Creator)の略だそうである。市井からBCを発掘し、高値で売り抜けて儲ける投資ゲーム。ブームが終わって無価値になる前に、売り抜けることはできるか。そして預金が引き落とせなくなる前に、現金化して勝者となるのは誰か? 時事ネタを巧みにゲーム化する芸無工房が、ゲームマーケット2014大阪で発表した作品。
ゲームは毎ラウンド、プロット式で進める。指値売り(金額を指定して相場以下なら売れる)、成り行き売り(相場で売る)、指値買い(金額を指定して相場以上なら買える)、成り行き買い(相場で買う)、発掘(1BCを無料で入手)、預金の入金・出金の6アクションから1つを選び、金額などとともに自分のシートに記入。全員が決まったら順番にアクションを行う。
相場が安いうちに買って、高くなったら売るのが基本。相場はサイコロで決めるが、チップがたくさん買われるほど振るサイコロの数が増えていく(チャートボードでチップが置かれていないマスのサイコロの数)。高いチップが買われると、サイコロの数はべらぼうに増えていき、買うときはサイコロ2個か3個(期待値で7~10)だった相場が、終盤にはサイコロ50個(期待値で175)にまで上がる。所有しているBCの激しい値上がりに、ウヒョーとなること必至。
しかし、サイコロを振ったときにプレイヤー人数より多く「1」の目が出ると即、ゲーム終了になってしまう。それまでBCの売り買いをしていた取引所は閉鎖。その前に出金のアクションを選んで、引き落としておいた現金だけの金額で勝敗を競う。ちなみにサイコロ50個を振って「1」の目が7つ以上出る確率は60%。期待値と、取引所閉鎖率の表がゲームに付属しているので分かりやすい。
6人プレイで1時間ほど。序盤不調だったcarlさんが中盤で大儲けし、序盤から好調だったぽちょむきんすたーさんと並ぶ。そのまま終了するかと思われたダイス50個で1が出ず、このときBCを売ったBumiさんが8億ゴックス(※このゲームの通貨単位)を稼いでトップに躍り出る。しかしここでみんながチップを売り払ったため相場が急降下し、もう1回買って売れるかというチャンスが訪れた。みんなが尻込みする中、鴉さんが果敢に400BCを購入。みんなが尻込みしたおかげでこれを難なく売ることができ、8億6千万ゴックスを稼いで1位を奪取した。最後はBumiさんが1200BCを買ってゲームを終わらせにかかったが、鴉さんの引き出しが1手早くそのまま勝利。ボードゲームクリエイター1200人って!
相場の急激な値上がりと、ゲーム終了のトリガーが連動していて実にスリリング。序盤に出遅れても、イチかバチかで買えた分で一気に儲けられるので追いつける。取引所が閉鎖になりそうなところでさらに買うか、それとも引き出して終了に備えるかという選択も悩ましく、最後まで熱中した。
BC
北条投了/芸無工房(2014年)
3~7人用/30~90分
ボードゲームフリーク:BC

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です