『おばけキャッチ』グッド・トイに選ばれる

このエントリーをはてなブックマークに追加


メビウスゲームズ・メビウスママさんのブログによると、今年の「グッド・トイ」(NPO法人日本グッド・トイ委員会)に『おばけキャッチ』が選出された。6月15日に授賞式が行われるという。

グッド・トイは、市場にあふれるおもちゃの中から優良なおもちゃを、全国のおもちゃコンサルタントが調査し、専門の選考委員が選定しているもので、1985年からスタートした。おもちゃの種類は多岐にわたるが、ボードゲームではこれまでに『ブロックス』『スティッキー』『こぶたのかけっこ』『ダンシングエッグ』『瞬間決着ゲームシンペイ』『ペンタゴシステム』などが選ばれている。日本国内で流通しているものが対象で、製造国は問わない。

グッド・トイに選定されると、全国100店の玩具店で取り扱われ、全国200ヶ所の子育てサロンで活用されるほか、公式ガイドブック、カタログをはじめさまざまなメディアで紹介されるなど幅広く告知される。

『おばけキャッチ』は、めくったカードから取るべきコマを素早く判断し、誰よりも早くキャッチするゲーム。どのコマを取るか簡単に分からないようになっており、頭脳のひねりが求められる。2004年にハバ社(ドイツ)から発売された『おしい!(Knapp daneben)』のリメイクとして2010年、ツォッホ出版(ドイツ)から発売され、人気の高まりを受けてメビウスゲームズが2012年から日本語版を販売している。2~8人用、8歳以上、20~30分、1800円。

メビウスママのひとりごとブログ:グッド・トイ2013に選定された

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です