『アグリコラ』Piデッキ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アグリコラPi(Π、パイ)デッキは、2012年のエッセン・シュピールで発売されたミニデッキである。オンラインサイトPlay-Agricola.comのメンバーが制作した139枚のカードのうち、世界選手権デッキ115枚に入らなかった残りの24枚で、職業カード12枚、小さな進歩カード12枚からなる。使い方が難しく、その分うまく使えたときには強力な効果を発揮するカードが多い。


Alchimist 錬金術師
このカードを出したとき、すぐに木材2を得る。アクションスペースで資材か家畜を手に入れるたびに、その後でその中から1つをアクションスペースに残し、代わりに木材1かレンガ1をどこかの累積スペースから取ることができる(累積スペースとは、品物や食料が累積するアクションスペースを指す)。
Altruist 利他主義者
ゲーム中2回まで、「改築」のアクションを使って、石の家を木の家に戻すことができる。コストは葦1と、1部屋につき木材1。このときレンガ3を得、1部屋につき3勝利点を記録する。
Rucksacktourist バックパッカー
偶数ラウンドの帰宅フェイズのたびに、家族1人を帰宅させないことができる。このようにして、労働フェイズのはじめに家族1人がまだアクションスペースに残っていれば、そのアクションをすぐに行い、アクションスペースに留まる。そのアクションを行えなければ、物乞いカードを1枚取らなければならず、その家族はすぐに家に戻ってこのラウンドに配置できるようになる。
Meißelmacher たがね工
矢印マーカーを1枚、表になっているラウンドカードいずれか1枚に置き、矢印をどのプレイヤーにも向けないでおく。次にこのアクションスペースを使った人は、アクションの前に共通のストックから石材1をすぐに得る。このスペースを誰かが使うたびに、矢印を使ったプレイヤーに向ける。矢印が向いているプレイヤーは、毎ラウンドはじめに、共通のストックから木材1を得る。
Schlangenfrau ヘビ女
木材4、レンガ3、葦2、石材2を共通のストックから取って袋などに入れておく。あなたは家族のアクションで「小劇場」を使うたびに、ここから好きな資材を2つ引くことができる。2つとも同じ資材ならば、両方もらえる。そうでなければどちらかを取って、残りを共通のストックに返す。
Fußsoldat 歩兵
毎ラウンド1回、家族をアクションスペースに置いたとき、すぐにアクションを行わないでおくことができる。このアクションは、別の家族を置いてアクションを行った直後に行う。このアクションをラウンド終了まで行わないと、物乞いカードを1枚取らなければならない。
Eheberater 結婚コンサルタント
毎ラウンドのはじめ、ほかのプレイヤー全員が、あなたより家族が1人多ければ、食料1を支払って、労働フェイズのときにゲストマーカーで追加アクションを1回行える。また、毎ラウンドのはじめに、ほかのプレイヤーが1人だけ、あなたより家族が2人以上多い場合も同様。
Zimmermannsmeister 大工の親方
部屋タイルの四方全てを囲むかたちで、部屋の周囲に柵を作ることができる。毎ラウンド1部屋まで柵で囲める。柵で囲んだ部屋は、家族を1人多く置ける(柵で囲んだ部屋は牧場とはみなさない)。
Kammerjägerin 害虫駆除女
まだ柵を1本も作っていなければ、14ラウンド全てのラウンドスペース(表になっているものもいないものも全て)に柵を1本ずつ置く。自分の柵が置かれたアクションスペースを使うたびに、その柵を自分のストックに戻す。得点計算では、こうして戻した柵のうち7本目から、1本につき1勝利点になる。
Professor 教授
このカードを出した後に、手札にある職業カードを全部捨てて、新たに職業カードを7枚引く。そのうち1枚は、食料2ですぐにプレイできる(必要なコストがあったら支払わなければならない)。
Sonnenaufgangshirte 日の出の牧師
毎ラウンド1回、1人目の家族コマを置くのをパスして、代わりに好きな動物を1頭取ることができる。牛を取る場合は食料1を支払わなければならない。(この家族は後で配置できるが、各プレイヤーが家族をまだ1人以上置けるときに限る。)
Verwundeter Veteran 負傷したベテラン
毎ラウンドのはじめに、共通のストックから食料2を得る。その代わり、累積スペースから資材か家畜を取るたびに、そのうち1つをスペースに残してこなければならない(累積スペースとは、品物や食料が累積するアクションスペースを指す)。
Wütende Ente 元気のいいカモ
将来のラウンドのはじめに、ラウンドスペースから取る食料を、このカードを出していれば、このカードの上に置くことができる。得点計算で、このカードに食料1/2/3/5/8があると、1/2/3/4/5勝利点になる(この食料はほかの得点に使えない)。
Fruchtbarkeitschirein 多産の箱
(石材2、-1点)収穫フェイズの繁殖フェイズのたびに、2種類以上の家畜が増え、そのうち2頭を共通のストックに返すことにより、「部屋のない家族を増やす」のアクションができる(家畜の子供はまず農場に置いてから、ストックに返さなければならない)。
Steg 小橋
(職業1、木材2、1点)家族のアクションで「漁」を行うたびに、ほかのアクションスペースにある資材を1つ取ることができる。
Gärtnerhütte 庭師小屋
(木材2、葦1、1点)家族のアクションで「畑1を耕す」を行うたびに、その後すぐにその家族をこのカードに置き、小麦1を得ることができる。また家族のアクションで「畑1を耕す、そして/または、種をまく」を行うたびに、その後すぐにその家族をこのカードに置き、野菜1を得ることができる。
Geode 晶洞石
(石材1を所持)小さい進歩カードの山札から3枚引く。そのうち2枚を捨て、捨てなかったカードをすぐにプレイできる(そのカードの条件を満たし、コストも支払わなければならない)。
このカードはプレイしたら自分の前に置かず、左どなりのプレイヤーの手札に入る。
Landschaftsplanung 地域計画
あなたの畑はもう縦横に隣接しなくてもよくなる。ただし同じアクションで耕す畑は、まだ隣接しなければならない。得点計算で、どの畑とも縦横に隣接していない畑3/4/5枚で、1/2/3勝利点になる。
Marktplatz マーケット広場
(木材2、1点)このカードを出したとき、共通のストックから好きな資材を4つ取ってこのカードに置く。誰か(あなたも含む)が家族のアクションで資材を取るたび、あなたに食料1を支払えば、取った資材のうち1つをカードにある資材1つと交換できる(カードにで取った資材は交換できない)。
Treffpunkt 待ち合わせ場所
(木材1かレンガ1、1点)このカードを出したとき、各プレイヤーは手札の職業カードを1枚ずつ、表にして出さなければならない。さらに山札から職業カードを引いて場札を5枚にする。誰でも職業カードを出すときに、手札ではなく場札から1枚を出すことができる。そのときに支払った食料は、あなたがもらう。
Forke フォーク
(木材1、石材1)改築か増築をするたび、その際に使用する葦を、累積スペースから直接取ることができる(累積スペースとは、品物や食料が累積するアクションスペースを指す)。
Pensionierung 退職
(職業1、1点)このカードをプレイしたとき、これまでにプレイした職業カードを全て裏返す。毎ラウンドのはじめに、自分の前に表になった職業カードが1枚もなければ、食料1を得る。裏返した職業カードの効果はなくなるが、職業の数には数える。
Ackerschutzhütte 畑守り小屋
(種をまいた畑1、木材3/レンガ3、葦1、1点)このカードに家族を1人置くことができる。ただしその家族は「小麦1を取る」「野菜1を取る」「畑1を耕す」「種をまいてパンを焼く」のアクションスペースにしか置けず、家に帰ることもできない。
Bandstöcke 木の束
(下記参照)改築か増築をするたびに、-1点を記録することにより、必要な葦を2つまで省略できる。2~3人プレイの場合、このカードは「小さな/大きな進歩1」のアクションスペースでしかプレイできない。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です