ピラミス(Pyramis)

このエントリーをはてなブックマークに追加

立方体で三角錐

石の建設に飽きたファラオが、宝石でピラミッドを建設するように命じた。発掘した宝石で作るピラミッドは、普通に横に重ねておくのではない。ボードの溝にはめ込んで、斜めに重ねていくのだ。韓国のボードゲーム出版社の作品。

ピラミス

手番にはまず袋から宝石を引く。いくつ引いてもよいが、赤は2つまで、黄色と青は合わせて3つまでというような上限(カードに書かれている)を超えるとバーストして少ししか積めない。

宝石を引いたら、盤上に重ねておく。4つ一組でユニットができたときに、その色に応じて得点が入る。4つ全部が同じ色ならば得点が一番高く、ほかの色が混じるほど得点が落ちる。

斜めに重ねるところがポイントで、壁のわきに置くと、宝石2個で1つのユニットがどんどんできあがる。ほかのプレイヤーにはそうさせないように、宝石を分散させたり、端の際にピラミッドを作ったりする。

サガエさんは連続バーストでほとんど積めないまま。逆転を狙ってたくさん宝石を引くと、さらにバーストしてしまうものである。序盤先行したくさのまさんに、壁のわきからの連続得点で追いつき逆転。引いたピラミッドをどこにどんな順序で置いたら一番得点が高いか、パズル的な要素もあって面白い。

Pyramis
J.オー作/ジェムブロ(2011年)
2~4人用/6歳以上/20分
ショップ検索:ピラミス

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です