ニュルンベルク国際玩具見本市2011

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第62回目となるニュルンベルク国際玩具見本市(Spielwarenmesse)が2月3日から6日間にわたって開かれ、出展者・来場者ともに昨年を上回った。
出展者は63カ国から2,683社が出展し、来場者は昨年を3%上回る79000人。イタリア、フランス、オランダ、スペイン、イギリスなど、ドイツ国外からが増え、54%に達している。一方の出展者にいたっては、69%がドイツ国外から。出展者は「業者の国際性がニュルンベルクではたいへん高い。主にアメリカとカナダの来場者がほとんどのニューヨークトイフェアと異なり、ここでは世界中の顧客と会える」と述べている。
今年は”Toys Go Green”と題して、環境に配慮した材料や梱包や、環境教育に役立つ玩具の特集も行われた。エルランゲン大学の市場調査によると、60%の親が、長持ちする玩具ならば価格が1割増でも買うと答えたという。
2010年も4億ユーロ(450億円)の売上を堅持しているボードゲームの分野では、トレーディングカードゲームが激減した分を、ドイツ年間ゲーム大賞作『ディクシット』(30万セット)や、ラベンスバーガー社で昨年最も売れた『ラープを倒せ』(20万セット)、レゴ社が新たに発売したボードゲームシリーズが補って売上増につながった。新作は、短時間で遊べるライトゲーム傾向が強まっている。
革新的な玩具に対して2004年から贈られているトイ・イノベーション賞は、今年から年齢別のトイ・アワードに変わったが、デジタル玩具で占められ、ボードゲームはノミネートもされていない。
TGW:ニュルンベルク2011新作情報
Spielwarenmesse Nürnberg:Schlussbericht

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です