『ドミニオン』パッケージ変更のワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツ年間ゲーム大賞を受賞した直後、拡張第1弾『陰謀』が各国で発売されてさらに盛り上がりを見せている『ドミニオン』。ドイツ語版のパッケージだけが、第3版から変更になったのをご存知だろうか。
英語版と同時発売されたドイツ語初版のパッケージは、日本語版と同じ。馬に乗った兵士たちが高台から、煙の上がった街を眺めている構図だ。

このパッケージは、日本語版だけでなくオランダ語版、スペイン語版、ポーランド語版など、全ての外国語版で採用されている。英語版は、第2版で色が少しだけ明るくなったが、絵は変わっていない。
ところがドイツ語版だけ、第3版からパッケージが変わったのである。大賞にノミネートされる以前のことであった。今度は街の中を白馬に乗った王子様が闊歩し、それを周囲の人物が取り囲んでいる風景。陰謀渦巻くという感じだが、一見平和そう。マティアス・キャトレインだったイラストレーターはミヒャエル・メンツェルに。

この変更について、ドイツのゲームサイト「クリッケンアーベント」はハンス社の説明として以下のように伝えている。
「キャトレイン氏には、以前に伝えた内容から誤った印象を与えてしまったことを申し訳なく思っています。カバーの変更をしたのは、前のカバーにあった戦争の表現が、ドイツ語圏で猛烈な批判を浴びて、売りにくくなってしまったという事情だけです。キャトレイン氏にイラスト力の競争をさせるつもりはありませんでした。」
日本ではほとんど気にも留められないことで、箱絵の変更までしてしまうドイツメーカー。その理由は戦争のイメージをなくすというものであった。年間ゲーム大賞を狙うか否かにかかわらず、常日頃からそれだけファミリーを意識しているということでもあろう。このような意識が、『ドミニオン』の大賞受賞に結びついたのではないだろうか。
“Ausführlicher” Spieltest: Dominion (Hans im Glück) / SPIEL DES JAHRES 2009

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です