ウォリアーズ(Warriors)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラフのR.ボルグと、乗車券のA.R.ムーンが共同制作、アメリカのゲームメーカーFace2Faceから今夏発売される新作。スルースブームタウンに引き続いて社長からルール日本語訳依頼が来て、「公式日本語訳」という光栄に預かることに。翻訳料を辞退したらスルースを3つ送ってくれるとのこと……3つも? ほしい人にあげよう。

ウォリアーズは、ドワーフ、エルフ、ゴブリン、トロールなど6つの種族が軍隊を組んで互いにつぶしあうカードゲーム。アメリカ人好み(?)の自由選択・直接攻撃系だ。戦隊を整えて、とりあえず弱そうなところからがんがん叩いていく。判定はサイコロで、軍隊が大きいほど勝つ確率が上がるけれど、キリコミ隊長で一矢報いることも可。システムはボルグ、テーマはムーンといった感じがした。

さらに拡張ドラゴンホーズも同時発売予定。無敵のドラゴンを入れて火花散る戦いに。ドラゴンは1匹でダイス2つ分、しかも数値が1ずつ上がる。群がる戦隊をドラゴンで蹴散らす! でもドラゴン同士の戦いは最も熾烈になりそう(※最初に、ドラゴンは他の種族を攻撃できないと書きましたが、確認してみたら誰でも攻撃できるそうです)。

攻撃の順番などにどうやら妙があるらしく、実際に遊んでみないとわからないので印象は控えておこう。ドイツゲームの英語版が主流だったアメリカゲーム界が、独自にデザイナーに発注してゲームを製作するのは歓迎すべきことで、今後も楽しみだ(あと残っているFace2Faceの発売予定ラインレンダーアムレットと、バイワードだけになってしまったが)。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です