七つの印、シュピールグートを受賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米 spiel gut Amigo社は8日、昨年のエッセンで発表された七つの印(Die Sieben Sielel)がシュピールグート(spiel gut、良い玩具)賞を受賞したことを明らかにしました。

 シュピールグート賞はドイツ年間ゲーム大賞と同様、メーカー・ショップ関係者を除くさまざまな分野から選ばれた「子どもの遊びと玩具審議会」がテストとディスカッションの末選出するもので、50年近い伝統ある賞です。基本的にデザイン・素材重視で幼児向けの木製玩具が多く選ばれる傾向にあります。ボードゲームではハバ、ドライマギアなどの子どもゲームメーカーが受賞しており、アミーゴもココタキで受賞したばかりですが、大人向けのカードゲームというのは珍しいケースです。

 七つの印はシュテファン・ドーラ氏によるトリックテイキングゲーム(全員1枚ずつカードを出し、一番強いカードを出した人が総取りするというタイプのカードゲーム)。このゲームでは予め宣言した色のカードを集めることを目指しますが、1人お邪魔者のプレイヤーが邪魔に専念するので思ったように取れません。日本ではメビウスから日本語訳つき(2200円)で国内販売され、好評を博しています。

 ドイツではスカートをはじめとして無数のトリックテイキングゲームがありますが、その中のひとつが重要な賞を受賞したことは、トリックテイキング文化が根強いことを示すと共に、これをドイツ外に広めようという意思がはたらいたのかもしれません。近いうちにロゴ入り版が日本に入ってくることになりそうです。(Amigo

 →ゲーム紹介:名古屋EJFメビウスThe table game which plays happily

 →シュピールグート:日本窓口ドイツ本サイト今月のボードゲームコーナー

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です