秋葉原水曜会 05/09/07

このエントリーをはてなブックマークに追加

秋葉原水曜会 05/09/07

3週連続の参加となる水曜会。たいてい集まり始めるのは午後1時過ぎだが、用事のため午後0時到着で開店を待つ。ずーあーさんと約束していたためだった。放出ゲームをお買取いただいた後、ずーあーさん直輸入の新作2人ゲーム「フランケンシュタイン」を1プレイ。ずーあーさんと遊ぶ場合、ゲームが面白いのか、ずーあーさんが面白いのかよく分からないがいずれにせよ1時間たっぷりと楽しんだ。12時台はTRPGの方しかおらず、午後1時に2人だけで苦笑しながらお開き。そろそろ人が集まり始めた頃にこそこそと帰途に着いた。

フランケンシュタイン(Frankenstein / M.シャハト / ティンブクトゥ, 2005)

キーッ(扉を開ける音)
ようこそフランケンシュタイン博士の研究所へ。当実験室で保管しているものを使って、これから新しい生命体を作るからね、君も協力したまえよ。

脳みそ 手 心臓 内臓 魚

まずビーカーに入っているものを覚えてもらおう。左から脳みそ、手、心臓、内臓、そして魚だ。しーっ!「どうして魚なんですか」なんて質問は無用だ。先週それを訊いたヤツはもうビーカーの中だからね、イーッシッシ!

イゴール君














































さてやってきたイゴール君。新しい生命体に必要なセットは手―心臓―手とな。これを取ってきてくれたまえ。ビーカーは、研究所ではこんな風に整然と積まれておる。もちろん上から、崩さないように取らないとな。手と心臓と手…どこから持ってくるのが一番早いじゃろうな?

まず手をひとつ下ろして、それからまた上から4つ下ろして、最後に2つを横に取り除いてできあがり。キャー!(喜びの悲鳴)















































 ⇒ 












































 ⇒ 












































フランケンシュタイン博士コツがわかったら今度はフランケンシュタイン博士のもっているビーカーをやってみよう。手―内臓―手じゃな。下の段に埋もれているのは取れない。ずらしながら、取れるところにもってくるのじゃ。ギョギョギョー

ビーカーをずらすときのルールは、同じ段か下にさげるというだけ。ビーカーはホルマリン液が入っていて重いから、上にあげることはできないのだよ。ウガゴガ……

それから1つずらすのに1アクションかかる。1回の手番でできるのは3アクションまで。フランケンシュタイン博士とイゴール君は似たような組み合わせのセットをもっているから、あんまりだらだらやってると相手に取られてしまうぞ!ウッホホーイ!

なお、この研究所はフランケンシュタイン博士と助手のイゴール君だけで運営されておる。どちらかが先に5つのセットを作ったら勝ちだ。いちおう、フランケンシュタイン博士が先に始めるので有利な分、同じラウンドで終わったらイゴール君の勝利になることに決まっておる。フレーフレー、イゴール君!

食事の直前直後に遊ぶと吐き気を催す場合があります。ご注意ください。オエップ

昔はやった「倉庫番」というゲームを思い出すようなパズルゲーム。先攻後攻をかえて1勝1敗。好きなように並べ替えられる先攻有利と思いきや、後攻も挽回の余地がずいぶんある。シートを切り抜いて遊ばなければならないことを考えなければ、テーマ的にもシステム的にも面白いゲームだと思う。PC版があってもいい。

上へ前回のゲーム会レポート一覧トップページ