スリーブと透明カードで多彩なキャラクター『3000人のならずもの』日本語版、10月上旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホビージャパンは10月上旬、『3000人のならずもの(3000 Scoundrels)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:C.コニエツカ、イラスト:D.アルディラ&M.ゲブレセラシー、2~4人用、12歳以上、60~90分、7150円(税込)。

『ザ・イニシアティブ』『開廷!脳内裁判』のコニエツカ/アンエクスペクテッドゲームズ(アメリカ)から今月発売されたばかりの新作。アメリカ開拓時代を舞台に、透明カードとスリーブの組み合わせによる多彩なキャラクターを使って未来の技術を集めるウェスタンSFのエンジンビルドゲーム。

手番には手札のトランプカードをプレイヤーボードにプレイし、その数字に対応するアクションを行う。酒場にいるならず者を雇えば、同じ数字でできることが増えていく。トランプカードは裏向きに出すので嘘をついてもよいが、他のプレイヤーにバレると評判が下がる。

場にはタイムトラベラーが遺した未来の技術が15枚、金庫として伏せられており、アクションで中身を見てお金でマークしたり、盗んで自分のものにしたりする。3ラウンド終了後、獲得した未来の技術のポイントと、そこにマークしたお金の一致ボーナスで勝敗を競う。

タイトルにもなっているならず者は透明カードとスリーブの組み合わせで3000通りになり、毎回異なる組み合わせでゲームに登場する。各プレイヤーはその中から5人まで雇うことができ、強力なコンボを組めれば、ゲームを有利に進められる。どんなならず者が登場するかによって、ゲームの展開や戦略が大きく変わる。

内容物:透明カード 60枚、カードスリーブ 66枚、カード 108枚、トークン 82個、ゲームボード 1つ、リーダーシート 4枚、ルールブック 1部、リーダーシート 4枚

アンエクスペクテッドゲームズ:3000人のならずもの(日本語)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。